INコース Hole.10 / Par4

Hole10コース図
Hole10写真

攻略法

ストレートでやや打ち下ろしのPAR4。
ティショットは必ずフェアウェイをキープすることが肝要。スライス、フックは絶対禁物のホールです。(特設ティ有)

Hole10写真

INコース Hole.11 / Par3

Hole11コース図
Hole11写真

攻略法

★ニアピン推奨ホール
グリーンが半島の様に突き出た形に見えるため、心理的にプレッシャーがかかります。
左サイドから奥にかけてバンカーでガードされており、グリーンも縦長で左右が狭いだけに確実なアイアンショットが必要。
(特設ティ有)

INコース Hole.12 / Par4

Hole12コース図
Hole12写真

攻略法

池越え。やや打ち上げとなる左ドッグレッグのミドルホール。
2本の樹が立ちはだかりプレッシャーを与えます。飛距離に自信のある方は、双樹の上を狙いグリーンの最短ルートを。安全に攻めたい方は、双樹の右サイドを狙いが得策です。
(特設ティ有)

Hole12写真

INコース Hole.13 / Par5

Hole13コース図
Hole13写真

攻略法

クリークと窪地でセパレートされたPAR5。距離的には2オンも狙えるが、ティショットの落とし所はクリークが横切っているため要注意! 第2打地点からグリーンまでクリークが続いているので無理は禁物。

Hole13写真

INコース Hole.14 / Par3

Hole14コース図
Hole14写真

攻略法

距離感の正しいショットが出来るかどうかを問われるホール。風が巻いている時は方向性とクラブ選択も重要となる。
(特設ティ有)

INコース Hole.15 / Par4

Hole15コース図
Hole15写真

攻略法

ティグランドから見たフェアウェイはやや上がっているもののほとんどフラットなミドルホール。右サイドには長く伸びたバンカーがあり、ティショットはフェアウェイセンターよりやや左サイドが狙い目。第2打は、窪地を越える正確なショットが決め手となる。
(特設ティ有)

Hole15写真

INコース Hole.16 / Par4

Hole16コース図
Hole16写真

攻略法

後半のカギを握るミドルホール。
右サイドにはOBゾーンが構え、プレッシャーのかかるティショットを強いられます。グリーンが砲台になっているため、ピンの位置を確認し正確なショットが要求されます。
(特設ティ有)

Hole16写真

INコース Hole.17 / Par4

Hole17コース図
Hole17写真

攻略法

ティグランドからは右サイドのマウンドが視界に入り、フェアウェイが少し狭く感じられるがそれほど長くないPAR4だけに距離を欲張らずティショットを正確にフェアウェイに落としたい。グリーンは砲台なので、出来れば高い球で攻めると良い。

Hole17写真

INコース Hole.18 / Par5

Hole18コース図
Hole18写真

攻略法

★ドラコン推奨ホール
枕木で囲まれた特大バンカー越えの大切な第1打となる。右サイドにはグリーンまで続く池があり、セカンド、サードショット共にスライスは禁物です。

Hole18写真